新潟県の魅力と家賃が安い地区について

トップページ
お気に入りに追加
  

新潟県の魅力と家賃が安い地区について

新潟県は、東北で住みたい地域トップ3に選ばれたことがあるくらいに、引越し先として非常に人気な地域です。

それもそのはず、新潟県新潟市は、日本海側を推奨した場合、北陸の中で最大の都市であり、2007年には政令指定都市として決定されたくらいに有名な場所だからです。

 

国際空港はもちろんのこと、新幹線や自動車での交通アクセスの類も整備されており、観光客の移動経路として、北陸では特に最先端の地域と言えるでしょう。

そんな新潟県ですが、引越し先としての家賃の相場はどのような感じなのでしょうか。

 

新潟県新潟市と言っても、地区によって若干の違いがあります。

その中でも家賃が安い地域というと、新潟市西区が圧倒的に安くなっています。

 

だいたいの相場の平均を比較してみると、新潟市西区の家賃は、新潟市中央区の家賃に比べて、全体的に1万円前後安くなっています。

1LDKで6万円、2LDKで7万円が相場の平均になっています。

 

東区と北区は、中央区と西区の間くらいの家賃です。

都市として栄えているのは中央区のほうですが、西区も中央区に隣接した地域になっているので、家賃の安さをだけを考慮するなら西区という選択肢も有りです。

 

電車で移動することもできますし、移動用のバスも走っているので、自由に移動することができます。

コンビニエンスストアや学校病院など、生活に必要なものならば、新潟市のどの地区でも特に不便を感じることはありません。

 

値段を考慮するなら西区、多少高くともなるべく都市部に済みたいというならば中央区辺りが無難になるでしょう。